細マッチョさんの食事のポイント。食べ物だって重要!

生野菜

細マッチョになるために、日々筋トレに励んでいる方は、食事面はどうされていますか?
トレーニング中の食事は、いつもと同じではいけません。
やはり、細マッチョなる為に必要な栄養素があります。

せっかく、しっかり筋トレをしていても、やはり食事面でのサポートも欠かせないのです。
細マッチョを目指す方に、どんな食事がよくてどんな食事がダメなのか、必要な栄養素やプロテインなど、食事のポイントをご紹介させていただきます。

生野菜には、酵素やビタミン・ミネラルなどがとても豊富に含まれています。できるだけ毎回の食事の中で、生野菜をサラダなどで摂取するよう心がけて下さい。また、加熱調理してしまうと、せっかくの酵素が失われてしまいます。生のまま食べるようにしましょう。

高タンパク食品

細マッチョさんの食事には、筋肉の元となってくれるタンパク質は不可欠です。
タンパク質といえばお肉ですが、カロリーオーバーを防ぐために、鶏肉がおすすめです。

高タンパク・低カロリーが理想です。
また、お肉以外にも、大豆製品や魚、卵白などもこれに属しますので、上手に献立に摂り入れて下さい。

脂質を抑える

体脂肪を減らし、筋肉をつけていくので、脂質摂取はなるべく控えて下さい。
揚げ物や炒め物よりも、煮物や蒸し物にしましょう。

ですが、脂質もある程度は摂る必要がるので、魚なら青魚に含まれている良質の脂質である、オメガ3やオメガ9を摂取するようにしましょう。
また、オイル類は、オリーブオイルの使用がおすすめです。

炭水化物は摂取時間を決めて

炭水化物の摂取は、控えた方がいいとよくいわれますが、細マッチョになるなら、摂取時間を決めてとるようにしてください。

筋トレをする日は、筋トレ前と後。筋トレをしない日は、朝食と昼食にとるならOKです。
日本人は、炭水化物が大好きです。

特に、ご飯好き男子にとって、炭水化物抜きは相当なストレスとなってしまいます。
このように摂取時間に注意すれば大丈夫です。

食事はこまめにとる

よく、「基本の3食」といわれますが、細マッチョを目指すなら、こまめに食事をするのがいいとされています。

1日4~6回を目安にしてください。
そうすることで、食事と食事の間の時間が短くなり、血糖値を安定させて体脂肪を蓄積しにくくさせることができます。

食事の回数を増やしても1日の総摂取カロリーまで増やしてはいけません。
カロリーは変えることなく、1回の食事量を減らしながら、回数を増やすようにしてください。

プロテインについて

高タンパク低カロリーの食事というのは、なかなかすぐにはできないと思います。
そこで、プロテインがおすすめです。

いろんなプロテインが市販されていますが、1食はだいたい120kcal程度で、約30g程度のタンパク質を摂取することができます。
また、筋トレの効果を上げるためにもプロテインは有効です。

筋トレをした後に飲むのがおすすめです。
是非お気に入りのプロテインを見つけて、食生活に摂り入れて下さい。

細マッチョを目指すなら、食事管理も重要です。
でも、あまり難しく考える必要はありません。

今回ご紹介させていただいたポイントを一つ一つクリアしていくことから始めてみて下さいね。

コメントは受け付けていません。