金剛筋シャツは加圧トレーニングと同じ効果があるのか?

今話題の金剛筋シャツですが、はたしてどれくらいの効果があるのでしょう。

個人差もあると思われるし、着用期間によっても効果の現れ方が違うようです。

アスリートも取り入れている加圧トレーニングと同じような原理になりますが、加圧トレーニングの効果よりは成果が低いものと思われます。

まず金剛筋シャツや、加圧トレーニングの原理から考察すると、大きくしたい部分の筋肉を締めつけて血液の流れを強制的に滞らせる。

そのことによって加圧している筋肉に強い負荷がかかっていると脳に誤解させて、結果的に圧がかかっている部分の筋肉を大きくさせる原理です。

ただし加圧トレーニングの場合は、血流を強力に制限するほどの圧がかかりますので身体への負担が強く、危険も伴うものですので専門のトレーナーの元でのトレーニングが要求されます。

そのような意味では、加圧トレーニングと金剛筋シャツの着用は、加圧・着圧と分けてとらえた方が良さそうです。

また、加圧トレーニングの場合は、アスリート等、短期間での効果が求められる場合が多く過度の身体への負担を強いられますが、金剛筋シャツ等の着圧での負荷は身体への負担が少なく、無理をかけない分その効果は穏やかでじっくりと時間をかけて現れるようです。

また、適度な圧が身体に加わることによって、トレーニング中の姿勢を保持したり、筋肉をサポートする効果も期待できます。

しかし、ただ金剛筋シャツを着用すれば、数カ月でムキムキの身体を手に入れられるかといえば、そうではないと思います。

やはり筋肉を大きくすることにとって必要な栄養素や適度な休息、酸素量、着圧を効果的にするための適度な運動も必要になります。

トレーニングマシーンを使っての筋肉の引き締めと増大も、質と量が同じにも関わらずあきらかに個人差が出てきます。

それで費やす時間は同じでも、質を高めることによって効果が現れる時間は短縮されてきます。

金剛筋シャツの場合は筋トレのような強い意志がいらなくなるとはいえ、やはりより高い効果が現れやすい使用方法があります。

もちろんユルユルの大きすぎる金剛筋シャツでは効果は望めませんが、あまりにも窮屈だと長時間の着用では血流が滞り危険が伴いますので、サイズをよく調べたうえで購入されることが望ましいと思います。

前述したように、加圧トレーニングや筋トレとは違い、毎日着用することによって緩やかな、穏やかな効果が期待されますので、最低でも3カ月は着用してじっくり効果が現れるのを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。