金剛筋シャツと鉄筋シャツ。違いは?どちらを購入した方がいい?

金剛筋シャツが話題担っていますが、鉄筋シャツと言うものもあります。

「金剛筋シャツとはどう違うの?」
と思うユーザーも多いと思いますが、調べてみた所、鉄筋シャツと金剛筋シャツのメーカーは同じ販売元で、類似品ではないことが明らかになっています。

金剛筋シャツは鉄筋シャツの改良版と言えるでしょう。

では、鉄筋シャツにはどのような効果があったのでしょうか?

まず鉄筋シャツは、メンズキングと言う会社が販売している商品です。
メンズキングは、金剛筋シャツも販売している会社です。

かなり人気のシャツで、体に圧力をかけ、加圧トレーニング状態にしてくれます。

しかも、それ以外の機能も持ち合わせており、腹筋や背筋に働きかけることも可能です。

鉄筋シャツは、背筋矯正をサポートしてくれますし、脂肪燃焼成分と防臭成分を配合しており、ダイエット効果を高めつつ、更に男性特有の嫌なニオイも消臭してくれるシャツです。

いくつもの機能を兼ね備えた鉄筋シャツは忙しい男性が効率よくダイエットに取り組むのに最適なアイテムです。
毎日着るインナーだからこそ、臭いにも配慮しているという嬉しい魅力もあります。

では、金剛筋シャツとはどこが違うのでしょうか?

金剛筋シャツは、鉄筋シャツの改良版であることから、鉄筋シャツでは成し得なかったものを追加装備しています。

値段やサイズなどは同じです。
ですが、金剛筋シャツのほうが期待できる効果に若干違いがあります。

鉄筋シャツは、全部で4種類の効果が期待でき、上半身加圧、ウエスト引締め、姿勢矯正に抗菌消臭があります。

それに引き換え、金剛筋シャツは全部で6種類の多機能性を誇っています。

上半身加圧はもちろん、ウエスト引締め、体幹トレーニングが可能で、リンパマッサージ効果があり、姿勢矯正や消臭の効果を持っています。
金剛筋シャツは改良版になるので、その分期待できる効果も追加された形になりますね。

また、金剛筋シャツのほうが多少サイズの余裕があるようです。

鉄筋シャツのMサイズは、身長165センチから175センチ、胸囲80センチから96センチに対し、金剛筋シャツは身長162センチから175センチ、胸囲は84センチから96センチまで対応しています。
Lサイズ展開では鉄筋シャツは身長172センチから182センチ対応、胸囲は93センチから101センチに対し、金剛筋シャツはしんちょう172センチから185センチ対応、胸囲は若干ゆとりのある94センチから106センチまで対応しています。

どちらもスパンデックス繊維でできているのも共通の部分です。
ただし、スパンデックス繊維の使用量が多いのは、金剛筋シャツになります。

より多く加圧力が増したと言えるでしょう。

カラーバリエーションも白と黒の2種類が一緒ですし、あえて言うなら鉄筋シャツはUネックであり、金剛筋シャツはVネックであることでしょう。

ワイシャツから見えないようにしたいというのであれば、金剛筋シャツのほうが向いているのかもしれません。

ダイエット効果はどちらがあるのか?

という質問に対しては、やはり金剛筋シャツと言えるでしょう。

値段、効果の面や、スパンデックス繊維の使用量、改良版ですから、鉄筋シャツと金剛筋シャツとで迷われたら、金剛筋シャツがおすすめです。

コメントは受け付けていません。